こんにちは、水瀬です^^


発展途上国の不動産建設ラッシュに乗じて
東南アジアの不動産投資案件というものが
巷では流行っているようです。

で今回の案件もベトナムの不動産投資で
儲けようという無料オファーなのですが

少し調べた結論から言うと、ベトナムの不動産投資は
一筋縄ではいかないようなんですよね^^


それでは少し見ていきましょう。
今回はコチラ↓

田中晃の「即金!2タッチブレイク」


2suteppu.png
 

http://mbf-t.net/lp/1a/?AD_CODE=0130_00112

sokinn.png

http://mbf-t.net/lp/2b/?AD_CODE=0130_00113&utm_expid=p_utm_expid&utm_referrer=


販売者 株式会社 Up Creation

所在地 東京都千代田区外神田2丁目1-8 道伝ビルB2-2

電話番号 TEL.03-6447-4542(運営事務局)

メールアドレス info@mbf-t.com

即金!2タッチブレイクの内容とは?




誰でも推せるボタンを2回押すだけで毎月30~500万以上の
収益が発生してしまう!

という意味不明なオファーですが、胡散せーと分かっていても
どんな内容で収益を出すのか?という部分については
気になってしまうのが人間という物。 笑

全く期待はしていませんが、一応捨てアドで
登録して確認だけしてみましたが、中身は酷いもんです ^^;


レターの中ではただ単に『ボタンを押すだけで』
500万以上ゲットと謳っている割には蓋を開けてみれば
ベトナムの不動産投資で儲けようという内容です。

tousisi.png
 


不動産投資が2ボタンだけで稼げるというのは
いくら何でも無理があるでしょう^^;


なぜレターでは堂々と不動産投資で稼ぎます!と
発信しないのかと言えば、その手のプロから見れば
全く信憑性の無い稼ぎ方というのが速攻でバレてしまうからなんですね^^


つまり本気で投資で稼いでいる人間がベトナムの不動産投資で
稼ごうぜ!なんてレターを見たら
「そんなのありえねーよ!!」で終了ですからね^^


ウブな初心者をターゲットに内容を不明瞭なまま
煽り売っているというのが実情なんですよ。



で実際にのところベトナムの不動産投資って儲かるん?って所ですが
少し調べてみるとかなり厳しい現実があるようです。


外国の人がベトナム投資で儲けようとするにあたって2つの
大きい壁があるみたいなんですね。


ベトナムでの投資が厳しいのは以下の2点

購入後の登記(レッドノート)の不安
購入不動産の売却資金を国外に自由に出せない国内事情


ベトナムではレッドノートという不動産の所有権を登記される本が
あるようなのですが、そこに登記される基準が
まあめちゃくちゃ厳しいんだそうです。


不動産購入の諸経費納入は当たり前として
外国人というだけで、登記が拒否されるのが当たり前だそうで
国外の人間がベトナムに不動産を持つという事自体
難しい話のようです。


そして2つ目は不動産で収益を上げた売却資金は
海外に移せないという国内事情もあるようです。

参考URL http://hanoi-living.com/archives/14326


これだけ見てもとても”2ボタンで500万~”なんて
夢幻にしか感じませんよね^^;

何が2ボタンで毎月30万~即金ゲットだよって 笑


まとめ



この手の”即金で稼げる系”のオファーは数多く見てきましたが
そのどれもがただ情報弱者に商材を売り込むためだけの物
であり、再現性が高いものなんて一つもありはしませんでした。


そして今でも高額塾から返金したいんですが
どうすればいいですか?みたいなご連絡は
毎日のようにように届いているんですよ。


人間誰だって楽して稼ぎたいの気持ちは
ありますが、ボタンを押すだけで稼げるなんて
あり得るはずがないし

僕が推奨している商材なんかでも
努力すれば稼げることは確実に保証はできますが
一つとして”楽に稼げる”なんてものは無いですからね^^
未経験者向けネットビジネス教材


何事も旨い話には裏があるという事です。

参考にしてみてくださいね^^

メルマガ登録当日から、10万以上稼げる手法を無料で配信しています。
つまらなかったらいつでも、購読解除可です!
無料プレゼント付きメルマガ見てね^^↓

メルマガ



・この商材は詐欺なの?
・高額塾に騙されてしまった
・ネットビジネスを始めたいけど何からすればいいかわからない
・ネットビジネスを始めたが、なかなか稼げない
・どのような商材が自分にあっているのか分からない

等等

どんな些細な質問や、相談でも大丈夫です^^

ネットビジネスの第一歩として
メール1通,送ってみることから始めてみませんか?
>>水瀬に質問してみる