こんにちは、水瀬です^^


Catch the Webという会社から無料オファーの案件が
届いていましたので、こちらの方で検証していこうと思います。


Catch the Webといえば、過去にもいろいろと高額な塾を販売しているんですが
価格の割には中身は?という物が多い印象なんですよね・・・
オウンドメディア塾2期生

フロントで販売しているツールはかなり使えるものが多いんですが

キーワード自動選定ツールCOMPASS

バックエンドの高額な塾は正直?という印象です^^;


そんなCatch the Web社の新しいオファーですが
どうやらメルマガアフィリのようですね。


メルマガアフィリ自体はもちろん詐欺でもなんでもなく
僕自身教材の特典として配布していますし稼げるのは事実です。


ただ、これは何らかのメディアを既に持っており
そのメディアのサブとして使うのを推奨しています。


それらを踏まえて見ていきましょう。


松井宏晃 レバリエイト



ribarieitooo.png
 


レバリエイトの手法とは?初心者でも稼げる?



年間報酬2000万以上!を叩きだせるという今回のオファー。

レター内を見れば一目瞭然ですが、メルマガアフィリという手法で
収益を上げていく手法なんだなというのは、すぐに理解できます。


高額塾でよくある、”参加するまで種明かしをしない”というようなことは無く
レターの時点でハッキリと”メルマガアフィリ”と伝えているのは
ある意味好感が持てるポイントですね(当たり前と言えば当たり前ですが)


ただ、メルマガアフィリにそこまで力を入れるのであれば
ブログやその他メディアに力を入れた方がいいだろう
というのが僕の考えなんです。


というのもメルマガから物を成約させるには
それなりの文章力や演出力が必要になってきます。



それはそうですよね、いくら「オススメの商品です!」とメールから紹介されようが
有名人でもない限り、あなたから買う理由なんてないと言われるのがオチです。


人には「読まない・信じない・行動しない」の
3つの心理的壁があると言われているんですが
何か物を売る為には、この3つの壁をぶち壊して信頼関係を築かないといけません。



メールという文書のみの媒体を利用する以上
画像や動画など無しで文章のみで壁をぶち破る必要があるんですよね。


これを達成するためには文章力の他にも
読み手を引き込む、ブランディングやコピーライティングなども
必要になってくるわけです。


それだけの文章力や演出力があるのであれば
わざわざ、文章だけという限られたメディアじゃなくて
ブログでいいのでは?と感じちゃいますね。


そしてメルマガという媒体の性質上、いくら登録は相手からしてくれたと言えども
こちらから一方的に送っている物なので
どんなに一生懸命書いても、読まれないことの方が断然多いんです。



つまり、メルマガで稼げるのであれば
ブログでも稼げるでしょうし、ブログの方が断然敷居は低いと言えます。



メルマガだけで収益を上げている人も確かにいるのは事実で
そういうひとからしたら「あっそ」と思われるかもですが 笑


ただ、メルマガで大きく稼いでいる人達でも
自分のコンテンツを所持していないというのは極少数に感じますしね。



まだ収益を上げたことのない初心者さんであれば
まずはブログやYoutubeなんかの自分のコンテンツで収益を上げられるように
意識するべきだと僕からは言っておきます。


その収益をさらに伸ばしたい!と言うのであれば
メルマガを取り入れるのも一つの選択としてはアリだと思いますが
0⇒1からとなると厳しいかと思いますよ^^


まず今の時点で収益を上げられていないのであれば
まずは自分のコンテンツを作り上げるノウハウを
学んでいくのが最短で大きな金額を稼げると言えます。


書籍から資産型コンテンツを作るノウハウ

バージョンアップされた王道ノウハウの全貌とは?


ビジネスに100%の正解なんてものはあり得ないですが
少なくとも、初心者さんであればメルマガよりも再現性は
断然高いと言えるはずです。


それでは少し参考にしてみてください^^


メルマガ登録当日から、10万以上稼げる手法を無料で配信しています。
つまらなかったらいつでも、購読解除可です!
2016年最新のノウハウを無料配布中です!

メルマガ



・この商材は詐欺なの?
・高額塾に騙されてしまった
・ネットビジネスを始めたいけど何からすればいいかわからない
・ネットビジネスを始めたが、なかなか稼げない
・どのような商材が自分にあっているのか分からない

等等

どんな些細な質問や、相談でも大丈夫です^^

ネットビジネスの第一歩として
メール1通,送ってみることから始めてみませんか?
>>水瀬に質問してみる