水瀬です^^



夏のボーナス狙いなのか何なんか?不明ですが
高額塾に繋がる、無料オファーがガンガン出てきますね。


今回はNao(佐藤直史) ユーチューブ・クリエイター・アカデミーという
YouTube系の無料オファーについて、書いて行こうと思います。


と言っても、内容はかなりビミョーそうですが・・・


Nao(佐藤直史) ユーチューブ・クリエイター・アカデミー


ユーチューブクリエイターアカデミー

URL 

特定商取引法に基づく表記

販売者名 合同会社INEXT
運営統括責任者 佐藤直史
所在地 静岡県静岡市駿河区公野3-12-7M'sビル4A
電話番号 050-5539-5736

ユーチューブ・クリエイター・アカデミーの内容とは?




早速レターを覗いてみましたが、”元土木作業員が月収200万!”と
記載されているだけで、何ら現実的なノウハウや手法については
書かれていないんですよね。



ただ、札束を握っている画像やセミナーの画像乗っているだけで
どういう戦略で、どのように稼ぐのか?という点については全く触れられていないんです


普通はレターに載せる時点で、YouTubeならYouTubeでもどう言うコンテンツで
どういう導線でどういうキャッシュポイントで収益を生むのか?
をしっかり記載しているものです。


じゃないと、中身の見えない福袋を煽ってうっているようなもんですからね。


ただ、教材の内容については全くと言っていいほど触れられていないんですが
動画をザーと見てみると「コピペだけで動画を作る」
と言った発言も見受けられますね。
naiyouについては



僕自身顔出し、声出し無しのYouTube戦略を実践することもありますが
流石にコピペのみで、全ての動画コンテンツを作る事は無いです。


やろうと思えば可能だけど、日に日にYouTubeのコピペ対策精度も
目に見えて向上しているんで、そういったコピペ動画は
いくら必死に量産しても一瞬でアカウント毎消去されるのがオチなんです。


動画単位ならまだマシですけど、容赦無くアカウント毎抹消されますからね 笑


いくら100万、200万稼いでも、一瞬で削除されれば収益もその時点で一瞬0・・・


ってことを考えればどんな初心者でも「コピペで動画を作ろう!」なんて思わない筈です。


だったら、着実に資産となるYouTube動画を量産するノウハウを実践した方が
かなり現実的だし、普通にこれだけでも20万、30万は視野に入りますから。
YouTube最新の戦略と一撃2万稼ぐ戦略はコチラ


Nao(佐藤直史)の正体と過去とは?



元土木作業員が~ってなんか聞いたことあるな・・・と思って過去の
記事を漁ってみたんですが、佐藤直史氏という人物は
過去にも数十万の高額塾を何度も販売している経歴の持ち主です。

http://hukugyoubear.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

http://hukugyoubear.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

このブログだけでも、2つも手を返しなを変え高額塾を販売していた
って事が分かりすね。


別に過去の教材がどうとかはどうでも良いことなんですが
販売名をNaoに変更して、検索逃れを狙っている点からして
以前の高額塾の評判がメチャ悪かったってことは容易に想像できますね。



だって、過去の商材が良いものであれば、今度はそれブランディングに活かして
次に良いものを売り出せば、売れるわけですから
わざわざ、販売名を変えるなんて事は普通はしないわけです。




そう考えると、今回のユーチューブ・クリエイター・アカデミーも微妙なんだろうなー
って考えちゃうのが普通だと思います。



まあまあ、どっちにしても最終的には数十万単位の高額塾が売り出される
ので、スルーした方が良いとは思いますね。


YouTubeのノウハウなんて、10分の1程度の金額で
誰にも迷惑を掛けずに、正攻法で稼ぐ手法もまなべますんで^^
2017年最新YouTubeノウハウ&動画作成ツールの全貌とは?



と言うことで少し参考にしてみてくださいね^^

水瀬でした^^

超初心者でも稼ぎやすいノウハウをピックアップ!

メルマガ登録当日から、10万以上稼げる手法を無料で配信しています。
つまらなかったらいつでも、購読解除可です!
無料プレゼント付きメルマガ見てね^^↓

メルマガ


・この商材は詐欺なの?
・高額塾に騙されてしまった
・ネットビジネスを始めたいけど何からすればいいかわからない
・ネットビジネスを始めたが、なかなか稼げない
・どのような商材が自分にあっているのか分からない

等等

どんな些細な質問や、相談でも大丈夫です^^

ネットビジネスの第一歩として
メール1通,送ってみることから始めてみませんか?
>>水瀬に質問してみる